家族信託(民事信託)と成年後見の違い

財産管理の方法として、まず思いつく方が多いのは「成年後見」です。

そもそも成年後見とは認知症等の精神疾患により、判断能力が低下してしまい、自身にとって正しい判断をすることが難しい方の生活を支援したり、守るための制度です。
ですので、成年後見制度は実際に認知症等を患ってからではないと使えません。

成年後見制度の運用は非常に厳しく自由度が低いうえに、財産の所有者は判断能力が低下してしまっている状態ですので、自由な財産管理はできないことが挙げられます。

なお、この制度は家庭裁判所に申し立てを行うことで、成年後見人が選任されますが、被成年後見人(制度を受ける方)の症状の重さによって、成年後見人ができることも変わります。

 

自由な財産管理を民事信託(家族信託)で実現

上記の通り、成年後見とはあくまで本人の財産を保護するための制度です。そのため、贈与や不動産の売却といった財産の管理・処分をする権限はありません。

すなわり、認知症等になってしまってからでは「生前対策」や「不動産の管理、売買」を行うことができません。さらに「孫が結婚するときはお祝いをあげたい」、「息子がマイホームを買うときは少し援助してあげたい」等の想いも叶いません。

対照的に、家族信託(民事信託)は本人の意思や希望の実現を助けるための制度ですので、認知症等が発症したあとでも信託契約の効力は継続され、契約の中でしっかりと定めておけば、様々な思いを形にすることができます。

民事信託とその他の制度との違いについて

家族信託(民事信託)について、こちらもご覧ください

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120079006

平日:9時~18時 土日は要相談

  • お問合せ

神戸家族信託相談センターは、兵庫県神戸・播磨に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

神戸事務所…対応エリア:神戸・芦屋・西宮・大阪
【最寄り】貿易センター駅 /三宮・花時計前駅 /各線・三宮駅(三ノ宮駅)

播磨事務所…対応エリア:加古川・播磨・稲美・明石・高砂
【最寄駅】山陽電鉄播磨町駅 / JR土山駅 ※駅まで送迎可能

無料相談実施中!

アクセス

    神戸事務所

    (神戸・芦屋・西宮・大阪)
  • East side
    神戸市中央区磯辺通
    二丁目 2番10号

  • 播磨事務所

    (播磨・加古川・明石・稲美・高砂)
  • West side
    兵庫県加古郡播磨町
    北本荘三丁目2番5号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします