信託契約書の作成について

Q:信託契約書は公正証書でなければだめですか?

A:家族信託(民事信託)を契約によって設定する場合、その書類は必ず公正証書でなければならない という決まり自体はありません。

そのため、公正証書で家族信託の契約書を作成しなくても無効ではありませんが、家族信託は大切な財産を他の人に託し、運用・管理をしてもらうという契約です。
家族信託の契約書は非常に重要な書類ですので、公正証書で作成されることを強くオススメします。

公正証書は、基本的に公証役場にて公証人が立会いのもとで作成されます。作成時には公証人によって作成者(委託者)の本人確認もありますので、作成者本人(委託者)の判断能力もある程度保証され、契約書としての証拠能力が非常に高いのです。

大切な契約書をより確実な公正証書で作成することが家族信託(民事信託)で不要なトラブルを避けるための1つの方法です。

ですので、専門家としては信託契約書は必ず公正証書で作成されることをオススメいたします。

 

Q&Aについて

家族信託(民事信託)について、こちらもご覧ください

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120079006

平日:9時~18時 土日は要相談

  • お問合せ

神戸家族信託相談センターは、兵庫県神戸・播磨に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

神戸事務所…対応エリア:神戸・芦屋・西宮・大阪
【最寄り】貿易センター駅 /三宮・花時計前駅 /各線・三宮駅(三ノ宮駅)

播磨事務所…対応エリア:加古川・播磨・稲美・明石・高砂
【最寄駅】山陽電鉄播磨町駅 / JR土山駅 ※駅まで送迎可能

無料相談実施中!

アクセス

    神戸事務所

    (神戸・芦屋・西宮・大阪)
  • East side
    神戸市中央区磯辺通
    二丁目 2番10号

  • 播磨事務所

    (播磨・加古川・明石・稲美・高砂)
  • West side
    兵庫県加古郡播磨町
    北本荘三丁目2番5号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします