受託者が亡くなった場合(受託者の死亡)

受託者が亡くなってしまっても、信託契約が終了することはありません。(受託者の死亡によって、信託契約が終了するように定められていた場合は除きます)

受託者の地位は死亡によって消滅するため、受託者の地位が相続されることはありません。また受託者が管理している委託者の財産について相続税がかかることもありません。

信託契約のなかに受託者が死亡した場合の取り決めがなかった場合には、委託者と受益者が話合いによって新しい受託者を定めます。
もしも受託者が不在になったタイミングにおいて、委託者も不在となっていた場合には受益者一人で新しい受託者を定めることができます。

もしくは話合い等によって新しい受託者の選任が難しい場合には裁判所へ申し立てをすることで新しい受託者を選任してもらうことができます。

また、信託契約において受託者が死亡した場合の新しい受託者が指定されていても、指定されていた新しい受託者となるはずの方が受託者になることを拒否する等といった場合も、上記同様に話し合いで決めるか、裁判所の選任によって受託者を決定します。

 

受託者が不在の場合、民事信託は終わる?

冒頭では「受託者の死亡によって信託契約は終了しない」とご説明いたしましたが、一部例外があります。
受託者が死亡してから、1年以内に新しい受託者が決まらなかった場合は信託契約は終了してしまいます。

ですので、まず最初に民事信託(家族信託)の契約内容を定めるときに「受託者が万が一亡くなってしまった場合」の取り決めもしておくことが大切です。

上記のように「もしも」のケースを想定して、備えることができるかは、コーディネーターの経験値によって大きく左右されます。
大切な財産や周りの人々を守るためにも、しっかりとした専門家に関わってもらうことが一番の重要です。

 

神戸家族信託相談センターでは、民事信託(家族信託)の専門家が「お客様の家族の一員」となって一緒に最善策を考えます。
どうぞお気軽に神戸家族信託相談センターの無料相談をご活用ください。

家族信託(民事信託)における受託者についてについて

家族信託(民事信託)について、こちらもご覧ください

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120079006

平日:9時~18時 土日は要相談

  • お問合せ

神戸家族信託相談センターは、兵庫県神戸・播磨に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

神戸事務所…対応エリア:神戸・芦屋・西宮・大阪
【最寄り】貿易センター駅 /三宮・花時計前駅 /各線・三宮駅(三ノ宮駅)

播磨事務所…対応エリア:加古川・播磨・稲美・明石・高砂
【最寄駅】山陽電鉄播磨町駅 / JR土山駅 ※駅まで送迎可能

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします