障碍のある子供のためにできる民事信託活用事例

相談事例

父(Aさん)には長男(Bさん)と長女(Cさん)の子供がおり、Bさんは生まれつき障碍があります。Bさんは判断能力が十分ではなく、介護が必要です。Aさんは、自分に万が一の事があった場合、その後のBさんの介護について心配しています。Aさんが所有している収益不動産をBさんの生活の為に活用することができないかと考えていました。

 

民事信託を活用すると

Aさんが亡くなられた場合、長男(Bさん)はAさんの財産を相続することができますが、Bさんは障碍をお持ちで判断能力も十分でない為、ご自身で相続した財産の管理をしていくのは困難です。この場合の信託として、Aさんが委託者、長女(Cさん)を受託者とし、Aさんを受益者、Aさんの死後に第二受益者を障碍をお持ちの長男(Bさん)といった信託契約を結びます。受託者のCさんは、収益不動産で得られる家賃収入を受益者Aさんへと渡します。Aさんが亡くなった後は、第二受益者Bさんへと家賃収入を渡します。もしもAさんが認知症等によって判断能力がなくなってしまった場合でも、受託者であるCさんが財産の管理を継続することができるので、その収益をBさんへ渡すといった内容の民事信託の契約をしておきます。

 

民事信託のメリット

上記のように民事信託を活用することによってAさんに万が一の事が起きた際にも、障碍をお持ちのBさんの生活を継続して支援ができるような設定ができました。Aさんが認知症になってしまった場合についても、Cさんに財産の管理を任せるという設定をしておくことによって、対策が可能となります。

 

民事信託(家族信託)の活用事例について

家族信託(民事信託)について、こちらもご覧ください

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120079006

平日:9時~18時 土日は要相談

  • お問合せ

神戸家族信託相談センターは、兵庫県神戸・播磨に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

神戸事務所…対応エリア:神戸・芦屋・西宮・大阪
【最寄り】貿易センター駅 /三宮・花時計前駅 /各線・三宮駅(三ノ宮駅)

播磨事務所…対応エリア:加古川・播磨・稲美・明石・高砂
【最寄駅】山陽電鉄播磨町駅 / JR土山駅 ※駅まで送迎可能

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします