介護施設で活用する家族信託

自由度高く財産の管理をする事が出来るのか家族信託です。このことから、多岐に渡る分野での家族信託の活用が可能になります。こちらでは、介護施設で活用をする場合の家族信託についてご紹介していきます。

 

介護施設が家族信託を活用するメリット

介護施設が入居者の方へと家族信託を提案するメリットとして、下記が挙げられます。

  • 入所を検討されいる方が、自宅等の不動産を売却しなければならない場合に不動産売却についての解決方法を具体的に提案する事が出来るため、入所への後押しとなる。
  • 入所中の方でご自宅等の不動産売却・管理でのご相談について、ご家族様へと解決方法の提案をする事で入所者様のご不安事を解消する事が可能になる。
  • 入所中の方が認知症になった場合に、そのご家族がその後の財産の管理を行う内容の信託契約をする事で、入所費用等の未払い、延滞を防ぐ事が出来る。
  • 施設独自のサービスとして家族信託を活用していく事で、他の介護施設との差別化を図る事ができる。

 

介護施設で多く頂くご質問

Q:現在父の介護施設への入居で悩んでいます。

現在、父は父名義の実家で一人で暮らしています。1人での生活に不安が出てきたので介護施設に入所を検討していますが、もし入所してから父が認知症等になった場合に、実家を離れて暮らしている私には財産の内容はわからず入所費用や医療費についての不安があります。認知症になった場合には、父の自宅の売却も出来なくなってしまうのでその後の管理についても不安がつきません。

A:家族信託を契約する事により、認知症の対策をする事が可能です。

こちらのケースで考えられるリスクとして、お父様が入所前に何の対策のとらないまま介護施設に入所をした場合に、お父様が入所後に認知症等になられた際にお父様名義のご自宅の売却や修繕を行う事が出来なくなります。

そこで活用できるのが家族信託です。お父様がもし認知症になった場合に、お子様がお父様に代わりご自宅の売却や管理等を自由に行える内容の信託契約をしておきます。不動産の管理だけでなく、医療費や施設への入所費用等についてもお子様が管理出来るよう預貯金の管理も信託契約に含めるとよいでしょう。

 

民事信託の活用法や、民事信託をした方がいいケースなどについてお話しを聞きたい方は、神戸家族信託相談センターの無料相談をご利用下さい。神戸の家族信託、民事信託のお手伝いなら自信を持ってお手伝いさせて頂きます。

 

様々な業種の家族信託の提案方法について

家族信託(民事信託)について、こちらもご覧ください

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120079006

平日:9時~18時 土日は要相談

  • お問合せ

神戸家族信託相談センターは、兵庫県神戸・播磨に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

神戸事務所…対応エリア:神戸・芦屋・西宮・大阪
【最寄り】貿易センター駅 /三宮・花時計前駅 /各線・三宮駅(三ノ宮駅)

播磨事務所…対応エリア:加古川・播磨・稲美・明石・高砂
【最寄駅】山陽電鉄播磨町駅 / JR土山駅 ※駅まで送迎可能

無料相談実施中!

アクセス

    神戸事務所

    (神戸・芦屋・西宮・大阪)
  • East side
    神戸市中央区磯辺通
    二丁目 2番10号

  • 播磨事務所

    (播磨・加古川・明石・稲美・高砂)
  • West side
    兵庫県加古郡播磨町
    北本荘三丁目2番5号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします