会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

神戸市 | 神戸家族信託相談センター

神戸の方より家族信託についてのご相談

2022年05月06日

Q:信託する財産を途中から増やす(変更する)事は家族信託で可能ですか?司法書士の先生におうかがいしていです。(神戸)

認知症対策に家族信託が良いという話をきいたので検討をしないかと息子から相談をされました。
私は神戸に住む主婦で夫は数年前に他界しており、息子は同じ神戸に住んでいます。

私自身はまだまだ元気とはいえ、認知症にならないとも限らないので家族信託を検討したいとは思っていますが、いきなり全財産を息子に管理させるというのも少々不安です。
この場合、最初に少額の財産を信託して、大丈夫そうならば託す財産を増やしていくという使い方は可能なのでしょうか?司法書士の先生にご相談したく思います。

A:可能です。家族信託では信託財産を途中で追加することができます。

家族信託は契約後に信託財産を追加する事が可能です。このことを追加信託と言います。
この場合、新たに追加の信託契約書を作成する必要があります。

ただし、ご相談者様のように検討の段階であれば、あらかじめ信託契約書に財産の追加が可能であるという旨を定めておくと、金銭の追加信託は新たな契約書の作成を必要とせず行うことが出来ます。
当初の信託契約書に、「受託者名義の信託口座に、委託者が入金することによって追加信託契約の成立とする」という内容を織り込めば、委託者(ご相談者様)が指定口座へ信託したい財産を振り込むだけで信託財産を増額することが可能です。

金銭の場合は、上記の手順で追加する事ができますが、注意したいのは信託したい財産が不動産の場合です。
不動産の場合は、名義変更(不動産登記)が必要となるため、都度信託契約書の作成と登記手続きを行うことになります。

また、あくまでも信託財産は「信託目的を達成するためのものである」ため、信託目的に反するような財産の追加はできません。

自由度が高く、様々な財産管理を柔軟に設計できるのが家族信託です。
ご家族ごとの状況や将来の事を勘案した上で、そのご家庭にとって最良な信託契約を実現したい場合には、家族信託の経験が豊富な専門家に相談することをおすすめします。
神戸もしくは神戸エリアで家族信託をお考えの方は、ぜひお気軽に神戸家族信託相談センターの初回無料相談をご活用ください。
ご相談者様のご家庭にあった家族信託のご提案をさせて頂きます。

神戸の方より家族信託についてご相談

2021年12月01日

Q:司法書士の先生、教えてください。家族信託の受託者だった父が亡くなった場合、その地位も相続することになるのでしょうか。(神戸)

司法書士の先生、はじめまして。私は神戸で一人暮らしをしている50代会社員です。先月のことですが父が亡くなり、代々受け継いできた神戸の自宅と複数のマンションを相続することになりました。

元々父は不動産関係の仕事に就いていたこともあり、数年前に寝たきりとなった叔母と家族信託を結び、受託者として叔母の賃貸マンションの管理・運営を代行していました。

そこで気になったのが、家族信託における父の受託者としての地位です。私は神戸で働く一介の会社員ですので、父のように賃貸マンションを管理・運営しろといわれても困ります。

相続する予定の神戸の自宅と複数のマンションも、売却もしくは管理会社に管理・運営を委託しようかと考えているところです。家族信託の受託者だった父が亡くなった場合その地位も私が相続することになるのか、教えていただけると助かります。(神戸)

 

A:家族信託における受託者の地位が相続によって引き継がれることは基本的にありません。

家族信託はほとんどの場合、財産を所有している方(委託者)が財産管理を任せたいと思う方(受託者)と結ぶ契約ですので、その地位が相続によって引き継がれることはありません。

仮に、家族信託の契約書において第二受託者が記載されているようであれば、その方が亡くなられたお父様に代わり、受託者として叔母様の賃貸マンションを管理・運営することになります。

第二受託者の記載がない場合には委託者と受益者の合意により決定することができるので、後は叔母様の判断に任せると良いでしょう。

 

なお、叔母様の賃貸マンションの不動産登記には受託者としてお父様の名前が記載されていますが、ご相談者様の相続する財産には含まれないためご注意ください。

 

家族信託はまだまだ新しい財産管理の方法ですので、家族信託に対するお悩みやお困り事は多々あるかと思います。そのような時は家族信託の知識・経験ともに豊富な神戸家族信託相談センターまで、ぜひお気軽にご相談ください。

神戸家族信託相談センターでは神戸および神戸近郊の皆様を中心に、家族信託の提案から契約書作成まで、幅広くサポートしております。

初回無料相談を行っておりますので、スタッフ一同、神戸ならびに神戸近郊の皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 

神戸の方より家族信託に関するご相談

2021年07月01日

Q:家族信託と遺言書はどのように違うのでしょうか。司法書士の先生、教えてください。(神戸)

司法書士の先生、はじめまして。私は神戸でアパート経営をする70代の者です。
今は健康で、仕事も細々ながら続けておりますが、自身が亡くなった時の相続について考え始めました。

友人が家族信託で財産管理している、という話を聞いたのですが、家族信託の仕組みや遺言書の違いがよくわからず、前に進めずにいます。
遺言書に比べ、費用もかかると聞いておりますが、家族信託について教えていただけませんでしょうか。(神戸)

A:家族信託は生前、死後の財産を管理することが出来ます。

遺言と家族信託の制度の大きな違いは効力が発生する時期が異なるということです。
遺言では効果が生じるのは遺言者(遺言書を書いた人)が亡くなった時ですが、家族信託では信託契約を結んだ時にはじまり亡くなった後も効力を維持することが出来ます。
つまり、本人が生きているうちから効力が発生します。

そもそも家族信託とは、それぞれの家族のご事情によって財産を柔軟に管理することが出来る制度です。
家族信託のメリットとしては、ご自身の財産の行く末を管理できるという点があります。

例えば、自身が認知症になるかもしれない、と危惧している場合には、「元気なうちは自分と息子で財産管理をし、もしも認知症になったら息子にすべての管理を託し、私が受益者として利益をうける」という希望の内容を1つの信託契約書で定めることが出来ます。

気になる費用に関してですが、家族信託契約にはある程度の費用が必要となります。
しかし、財産をどのように使うか、何に使うか事前にご自身の意向により決めておくことが可能になるため、財産を有効的に使ってもらうために家族信託を選択される方が多く、近年注目が集まっています。

家族信託は自由度が高く、それぞれの家庭に合った財産管理を柔軟に設計することが出来ます。
これから起こりえる将来を加味したうえでご家庭にあった家族信託を設定するには家族信託の経験豊富な専門家へご相談することをおすすめします。

家族信託を検討中の神戸の皆さま、神戸家族信託相談センターではお客様のお話を伺ったうえで、事情に沿った契約内容をご提案します。
初回は完全無料でお話をお伺いしますのでお気軽にお問い合わせください。

神戸にお住まいの皆さま、家族信託に関するご相談はお気軽に当センターへお越しください。
神戸の皆さまからのお問い合わせを所員一同、心よりお待ちしております。

まずはお気軽にお電話ください

0120-079-006

平日 9:00~20:00  [土・日・祝も相談対応]

「生前対策まるわかりBOOK」に兵庫の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当センターを運営しておりますdoors司法書士法人が「生前対策まるわかりBOOK」に兵庫の専門家として紹介されました。